Calender
New
Archive
Category
 
  寿命を あげる。。。  
  2017/11/18 10:21:45  
 
毎度の事ながら 連日のにゃんこネタであしからず。。。


もう、このブログは「ネコブログ」たまに料理の話 出てくるぞ?って

思ってもらった方が いいのかも!?



さて。


タイトルの「寿命をあげる」。


たとえば 大事な我が子が 重い病気になったり、大怪我したりしたら、、、


親とか祖父母とか、、肉親ならば 誰でも思いは同じじゃないかと。



「自分の命に代えても」、とか、「自分の寿命 半分捧げるから!」。





それとまったく同じことを この秋 神頼みで言い続けてました。



ピン!とくる方  CHOBITTO菜ブログ通。



そうです。


「明男とチビ脱走、行方不明」の一件です。


2匹同時に居なくなって


「神様、ワタシの寿命10年あげますから、どうかどうか!」って。



明男は 結果すぐ自力帰宅したものの、まだチビが帰って来ない。。。


「神様、10年で足りないのならもう10年! 20年縮まってもいい!」



おうちのペット(この言い方も使いたくないけど)居ない方は 理解不能かも。



実際 実の母親も ワタシの必死さにあきれ返ってたし、、、。




そして、、、、


無事まるっと1ヵ月後  たくさんの方のご協力の元 チビは戻りました。




「ワタシは20年も寿命捧げたんだからね!」ってのも 笑い話。



この20年って区切り。


ワタシにとっての 計算高いギリギリボーダーライン。



気持ち的には 「命あげてもいいよ!」とはいえ、


もうひとりのワタシが リアルな計算したんです。



「これ以上捧げたら残される猫たちは どうなるの!?」って。



岐阜にゃんこ4匹 子どもたちだってすべて面倒見切れないと思うし、、、。


子猫じゃないし、里親なんてみつかるわけないし。



それを考えたら・・・・・


平均的寿命の80過ぎまで生きられるものとして、、、、20年マイナス。。。



あと14,15年くらいもつかな。



まろんが8歳。末のこっこが6歳。



うん!いける!! 最後看取ってあげられる!!



てなわけで 20年捧げたのでした。


盲目に捧げてはいないのですよ、、、。





でも、、、、。


実は もう少し寿命捧げたい事案が おきていて。



明男   飼いはじめた時  猫エイズキャリア判明。


いつどこで、感染したかももちろん不明。正確な年齢すら不明。




チビの潜伏先判明して ちょっと光が見えてきた10月初旬。


明男が 猫エイズ発症かも。という症状現れたのでした。


効果あるだろうというサプリやフードを 試してます。



猫エイズや白血病は 悲しいかな完治しません。



少しでも、苦痛やわらげ、、1日でも長生きできるように努めるのみ。



明男にも頑張ってもらって、さらにワタシの寿命も3年くらいなら。。。



毎日 そう思ってます。





追伸


神対応のねこてっくすさんのブログ見たら・・・。

(迷子ペットチラシでお世話になって以来 尊敬のまなざし業者さん)



店長さんも 全く同じこと思ってらっしゃるみたい!


「命に代えてでも守りたい存在だけど、守る為に 自分が元気でいなきゃ


 だめなので 寿命を少しづつ分けてもいい。」って。 



また泣きそうだわ。。。。。 おんなじこと思ってたーーーーー。




ねこてっくすさんは このブログ 見てくださってるとのことなので、


お忙しい中 メールするのは遠慮して、ここに書かせてもらいました。


時に涙しつつ 迷子チラシつくってらっしゃるねこてっくすさん。。。。 


ずっと応援してるから!!!



 
 コメント(0)

お名前 必須
タイトル 必須
コメント 必須